成年後見

成年後見メインページ:イメージ図

日本国内で認知症を患っている高齢者の数は、厚生労働省の調査による推定(平成19年版厚生労働白書)では、平成22年には約200万人、平成27年には約250万人に達すると言われています。

また最近では、特に60歳未満の若年層の認知症が急増しており、この誰にも起こりうる「認知症」という問題に対して、法的にどのような対策を取ればいいのか悩んでいる、という声が多く寄せられています。

そんな方々のために、用意されている制度が「成年後見制度」と呼ばれるものです。例えば以下のようなケースでは、成年後見制度を利用することで、今後のリスクを回避することができます。

「家族が留守にしてた間に、病気のお爺ちゃんが訪問販売で要らない商品を買ってしまった」

「契約書の内容がよくわからないまま、お婆ちゃんがリフォーム契約を結んでしまった」

もし、ご家族でこのような経験をした方がいらっしゃる場合や、最近家族が認知症で悩んでいるという場合には、一度「成年後見制度」の利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

「一人暮らしで将来が不安なのだけど…」

「つい先日、父が認知症と診断されたけど、大丈夫?」

「母が高額な商品を契約して困っている…」

「知的障害のある子どもの将来が心配…」

どのようなご質問でも結構です。まずは一度、お気軽にお問い合わせ下さい。

無料相談会のご予約はこちら

相続登記、遺言、成年後見、債務整理などの法律に関するご相談を無料で受け付けております。

営業案内

  • 〒467-0017
    名古屋市瑞穂区東栄町3-25-3
    斉藤ビル6F
  • TEL : 052-852-1147
  • FAX : 052-875-7142
  • MAIL : お問い合わせはこちらからお願い致します。
  • 営業時間 : 9:00 ~ 18:00
  • 営業日 : 月 ~ 金
  • 営業エリア : 名古屋市全域