債務整理

債務整理メインページ:イメージ図

多額の借金を作ってしまい普段の生活もままならない…。そんな状態に陥った方を、法律の側面から手助けする業務が「債務整理」と呼ばれるものです。

当事務所では、下記の4つの方法を提示したのち、その方に最も適切な方法を選択し、より効率的に債務を整理していきます。

自己破産

自己破産は、生活に欠くことのできないものを除く全財産を失う代わりに、全ての借金における返済義務が、「自己破産・免責決定」という形で免除される制度です。

メリットとして、裁判所で免責が決定すると借金の支払い義務がなくなるため、早く新たなスタートを切れる事が挙げられます。しかし、「自己破産」出来る人は限られており、誰もが何度でも利用できるわけではありません。

個人民事再生

裁判所に「民事再生」の申し立てを行い、現在抱えている借金の総額の1/5(★)または100万円のどちらか高い方を、その後3年間で返済すれば、残りの債務は免除されるという手続きです。この制度は借金総額が最高5,000万円(※住宅ローンを除く)の人を対象としており、減額後の返済額は100万円~500万円となります。

前述した「自己破産」と違い、個人民事再生は借金を減額後、返済していきますので、資格制限がなく、住宅ローンがある家を残した形で債務を整理することができます。家族の暮らす家を守ることができ、銀行の差し押さえなどもありません。

そのようなメリットから、当初「自己破産」を覚悟していた方も、「民事再生」の存在を知ってこの制度を利用する方もいらっしゃいます。

(★)1,500万円超3,000万円以下は300万円、3,000万円超は、10分の1

任意整理

司法書士などが代理人となり、債権者と話合いを行い、債務整理を行う方法です。債務を約3年間で返済していきます。

メリットとしては、利息制限法での引き直し計算により借金の減額を認められるほか、将来にわたっての利息を免除されるため、月々の返済額を大幅に少なくすることが出来ます。また、手続き費用が21,000円/1社当たり と、比較的安い点が特徴です。

特定調停

司法書士などの代理人を立てることなく、簡易裁判所で、債務者ご自身が債権者と話し合いを行い、債務整理を行う方法です。債務を分割払いするという点では、任意整理と同じです。

代理人費用を払う必要がありませんので、最も安い債務整理の方法となりますが、債権者が話し合いに応じず、調停が成立しない場合があります。また、一度裁判所で和解が成立すると、判決と同じ法的効力を持ちますので、返済が万が一遅れた場合、給料などを差し押さえられる危険があります。

以上が債務整理の主な方法となります。

「借金の取り立てが厳しくて困っている。なんとかしてほしい…」

「仕事上破産はしたくない。でも借金は何とか整理したい… 方法はあるの?」

どのようなご質問でも結構です。まずは一度、お気軽にお問い合わせ下さい。

※当事務所では、法テラスの法律扶助(立替制度)が利用できます。詳しくはご相談下さい。

無料相談会のご予約はこちら

相続登記、遺言、成年後見、債務整理などの法律に関するご相談を無料で受け付けております。

営業案内

  • 〒467-0017
    名古屋市瑞穂区東栄町3-25-3
    斉藤ビル6F
  • TEL : 052-852-1147
  • FAX : 052-875-7142
  • MAIL : お問い合わせはこちらからお願い致します。
  • 営業時間 : 9:00 ~ 18:00
  • 営業日 : 月 ~ 金
  • 営業エリア : 名古屋市全域